はじめにお断りしておきます。

今回の記事は、かなりマニアックです💦。


改めまして、こんにちは!『かいご』と『せいたい』です。


結論から言いますが、今回のテーマ

『人生変えちゃうかも知れない意識』って


『中心軸』


の事です。




合気1



僕が趣味で柔術の稽古をしているのはプロフィールなどでもお話してますが、

柔術の稽古って、技の鍛錬とか体を鍛えるとかよりももっと大切な事があるんです。


それは


意識したとおりに、体がすぐ動けるようになること。




良く「考えるな、感じろ!」って言いますが、これはつまり


「頭で考えてからするような動きじゃ役に立たない、体で感じて意識した瞬間動けるようにする事で人は本来持っている力を充分に発揮できるようになる。」

という事だと思います。



その中でも常に心掛けるように言われるのが


体の『中心軸』を感じる事の大事さ。


あらゆる武道の中でも基本中の基本と言われる位の事です。


そこで今回のテーマ、『中心軸』の意識ですが・・・


実はこれを記事にするのには、正直悩みました😅。


というのは僕自身がまだ修行中なのと、わかりやすく説明したつもりでも実体が無いから


「・・・だからなんなん?」


って言われてもしょうがなさそうなので💦。




それでもあえて記事にしたのは、僕自身実感してるんですが『中心軸』を意識すると


仕事や日常生活や健康など、レベルが爆上がりするから

です。

是非ブログを読んで下さる皆さんと、この感じをシェアしたい!


・・・と、言う訳で少しでも参考にして頂ければ嬉しいです。


目次:

【そもそも中心軸って何】
【中心軸を試してみる】
【大事故を防いだ中心軸】
【中心軸を活用してきた達人たち】
【精神的にもバランスが取れるようになる】
【中心軸の作り方】
【日常生活への応用】
【まとめ】




【そもそも中心軸って何】

『中心軸』は立った状態で頭のてっぺんから会陰(えいん=肛門から指3本くらい前の位置)を貫く『イメージの線』です。

体の中心軸


地球の真ん中(重力の中心)から体を通って、地面と垂直に真っすぐに伸びている

中心軸

と想像して下さい。


この線は体を曲げたり動かしたりすると体の位置からは離れますが、常に物差しとしてあると。

軸周り運動



まあ実際に『モノ』としてはありませんが、これが『実感としてイメージできる』ようになると、日常生活に生かすことで


☑体の動きが劇的に良くなる
☑無駄な力が抜けてリラックスした状態になる
☑姿勢が良くなり、健康にも良い影響がある
☑所作が美しくきれいになる


・・・などなど、無数の良い効果が期待できます。




【中心軸を試してみる】


ものは試し、こんな実験をしてみます。

胡坐(あぐら)座りの姿勢から手を使わないで立ってみましょう。


3702573_m

どうですか?

普通に立とうとすると、なかなか難しいと思います。


正座



次に、体の力をだらっと抜いて体を前に倒し、腕も前に出します。

そして

おへそを足裏から伸びた『中心軸に近づけて、頭を床に近づけるようにして立ってみます。





3正座






どうでしょう、立ち上がれるようになりませんか?





実はこの立ち方って、ぼくらが赤ちゃんだった頃の立ち方に大変近い方法です。

2よちよち


赤ちゃんって筋肉がまだ足りないじゃないですか。

だから自然とバランスを取って立とうとするんですが、

この時ポイントになるのが


『足裏から地面と垂直に立ちあがっている軸』のような意識=『中心軸』


を意識することなんですね。



で、こんな風に『中心軸』を意識して使えるようになると、無駄な力が本当に要らなくなってきます。




【大事故を防いだ中心軸】


最近僕の柔術の師匠から伺ったお話です。


師匠が富士山の浅間神社にお参りした時の事。


社(やしろ)の写真を撮りながら後ずさっていたところ、うっかり石段から脚を踏み外してしまったんだそうです。

894898


それは1段の高さが大人の男性が四つん這いになったくらいの高さ(!)の代物。
230944_m


一つ間違えば大けがのはずですが・・・


そこは柔術の師匠。


とっさに体を丸めて石段の上に落ちた所、体はおろか着ていた革ジャンや持ち物にもにも傷一つなく、無事だったそうです(!)。

受け身を自然に取れたという事ですね。



で、この受け身の時に大事なのが『中心軸』。

体の中心(おへその辺り)から空に引っ張られ、地面から支えられているような意識のまま下の石段に落ちた事で、直にドンっと落ちるよりふわっと着地できたようです。

(稽古を積むと、意識するだけでこんなことが出来ちゃうんです!)


階段落ち




【中心軸を活用してきた達人たち】

では『中心軸』の意識を高めた先にどんな世界があるのか?

ここからは僕が特に『中心軸』を生かしていらっしゃるなぁと感じる4人の達人の方をご紹介したいと思います。


1、イチローさん



日本人メジャーリーガーとして恐らく歴代で一番活躍されたスーパースター、イチローさん。

メジャー記録になっている1シーズン262安打は、恐らく何百年も破られることはないんじゃないでしょうか。

・・・もうこの方の立っている画像だけで、どこに中心があるか伝わってくる気がしませんか?


そして注目して頂きたいのが腰のあたり。


画像をクリックして確認して頂きたい
のですが、普通ドシッと力が入ってしまいがちなこの辺りの筋肉が、良く見るとすっと下がって力が抜けているのが分かります。

これが『中心軸』のある方の特徴の1つ。

無駄な力が抜けてしまうんですね。


もしこの方が柔術やったら即、相当な腕前になられると思います。


2、内村航平さん



言わずと知れた日本が誇る体操金メダリスト、内村航平さん。


この方の演技は難度が高い事もさることながら、とにかく『美しい』のが特徴です。

そして美しさの理由は『中心軸』の意識の高さ。


こちらもぜひ画像をクリックして確認して頂きたいのですが、

特に注目して頂きたいのが着地直後の2つの画像。


体の中心に対して着地直後に体を前に曲げていますが、その時手を前に伸ばして、お尻の重さとのバランスを見事に取っています。

決して足でぐっと踏ん張っている訳じゃないんですね。

(そもそもふわふわしたマットに着地して、足で踏ん張るなんてできません。)


こんな事普通、ぐるんぐるん回った後でできるこっちゃありません(笑)。


『中心軸』を普段から、いかに意識していらっしゃるかが窺い知れます。


3、紀平梨花さん



フィギュアスケートの日本人女子選手として初めて4回転ジャンプを成功させたのが紀平梨花さん。


その時の画像が上のリンクの記事に載ってますが、

もう助走、空中での回転軸、着地後の頭の向きなど、『中心軸』のお手本みたいな滑りっぷりです。


この方も是非画像をクリックして確認して頂きたいのですが、

この演技の時って顔が全然強張ってないんですね。

つまり力んで、踏ん張って、飛びあがって、よっこらしょと着地する・・・という訳ではなかったという事。


後でも説明しますが、頭の上から『中心軸』を引っ張られるような意識があるとできる芸当です。


普通の表情で淡々と高度な技を決めて次の演技につなげていく・・・かっこいいなぁ!(笑)


こういう精神状態も『中心軸』を意識するとなり易くなります。


この時はその他の演技も素晴らしい出来だったそうですね。

但し紀平さんの場合は、まだ『中心軸』が意識できている時と出来てない時のコンディションの差が大きいようですが。


4、黒田鉄山さん



この方は一般的にはあまりご存知ない方も多いかもしれませんが、

古武術の世界では知る人ぞ知る達人です。


居合、柔術など5流派の伝承者として現在も活躍されている武道家で、道場で指導される他、本も何冊も出版されています。


この記事の初めの方に書きました『胡坐から手を床につけないで立つ』事をやってみた方ならわかって頂けると思いますが、この動作って素手のままやってもかなり難しいんです。

それを黒田先生は、胡坐に近い姿勢から居合をしながら平然と、いとも簡単に立っていらっしゃいます。

これは『中心軸』の意識が強烈で、頭から上に引っ張られるように、又地面から軸に支えられるように立ち上がれるから。


是非動画をご覧いただけたらと思います。


たぶんこの方の近くに寄ったら、ぼくなんかじゃもうそれだけで足がすくんで動けなくなっちゃうんじゃないかと思います💦。



【精神的にもバランスが取れるようになる】

さきほど紀平さんのところでも書きましたが、


『中心軸』を強く意識できるようになると、精神的に動じなくなります。


ぼくの体感で言いますと、

一種の瞑想状態

に近い感じといいますか。


(実際座禅でも瞑想でも基本は『中心軸』を意識して、リラックスした姿勢を取るように言われると思います。)
瞑想

だから大舞台でも緊張しないとか、バランスの取れた考え方を自然とするようになれるんですね。

先程の記事でご紹介した達人の方達も、どちらかというとクールな感じがしませんか?


この状態は口では説明が難しいので、是非皆さん実際に体験して頂きたいと思います。


(ちなみに僕の場合、『中心軸』をできるだけ空高く、地中深く伸ばしていくように感じていくと、自然と瞑想状態に入れるようになります。)




【中心軸の作り方】

ここからは、『中心軸』を感じる方法です。

割合簡単なやり方を上げてみましたので、どうぞご参考に。


体の回転運動

頭のてっぺんから背骨のちょっと前、会陰(えいん=肛門の指3本くらい前)を貫く『軸』をイメージして、そこを中心に全身を右周り、左回りに回転してみます。

軸回転


しばらく続けていると体が気持ちよく回転できる『中心軸』の位置感覚が分かると思います。

うまくいくと何分でもやっていたくなるような気が起きてくることがありますのでお楽しみに。


足カックン運動

体の回転運動の後、立ったまま膝をちょっと折り曲げてガクッとすこし腰を落とすようにしてみます。

良く子供のいたずらで、立っている友達の後ろからそーっと近寄って、自分の膝で友達の膝裏をチョンとついてガクッとさせる遊びがありますが、あんな感じでやります。

『中心軸』に沿って垂直に落ちていくような感じが味わえればOKです。




【日常生活への応用】

こうやって『中心軸』を感じ取れたら今度は日常生活でどんどん応用していきます。





1、中心軸に引っ張られる


縄跳びをしたり、床から立ち上がったりするとき普段のやり方の後、『中心軸』を上から引っ張られるようなイメージで動作し直してみましょう。

縄跳び


いつもより体が軽く感じられたり、高くジャンプ出来たりすると思います。


ちなみに記事の冒頭の辺りでお話した僕の師匠の『石段落ちからの、無傷だった事件(!?)』は、この引っ張られる意識の応用だと思われます。



2、中心軸に支えられる

階段やちょっとした段差を上がったりするとき普段のやり方の後、『中心軸』を床から会陰にかけて突き上げられたり支えられたりするようなイメージで動作し直してみましょう。

階段


これもいつもより体が軽く感じられると思います。

実は僕は今ダイエット中でして😅、ほぼ毎日近所の77段ある階段の上り下りを7往復っていうのをやってますが、

『中心軸』に支えられるよう意識すると本当に楽に上り下りできるようになります。

(楽したら、ダイエットにならないっちゅうねん!💦)



3、歩きや走りに中心軸を使ってみる

普段歩いている時に、まず自分の体の中の『中心軸』を意識します。

次に体の前に1本の上から下に伸びる線があると想像してみます。

そしてその線を、体の『中心軸』が追いかけているようなイメージで歩いてみます。

スライド1


慣れてきたら、その感じのまま走ってみます。

どうでしょう?

いつもより楽に歩けたり、早く走れたりしませんか?



4、重い物を持ち上げるのに中心軸を使ってみる

床にある重たい物を持ち上げる時、多くの方は腰に力を入れて踏ん張るので、腰痛を起こしやすくなってしまいます。

2290628

そこでまずは腰を落として背筋を伸ばし、足の力で持ち上げてみます。

これでも腰痛を大分防げるのですがさらに

中心軸を意識して、足裏をベタッと地面につけ、お尻を後ろに倒すようにして荷物を持ち上げてみます。

どうでしょう?さらに荷物は楽に持ち上がりませんでしたか?

これは荷物に対して体がシーソーのように働いたからです。

スクワット

足裏を支点に、お尻や腰が荷物と反対側に落ちる事で、お尻と腰の重さ分が荷物から差し引かれるので楽に持ち上げられるんですね。



5、健康の為にも中心軸

『中心軸』は背骨の辺りを通りますからそこを意識して生活すると、自然と姿勢が良くなります。

背骨の周囲には色んな神経やら太い血管やらが通ってますので、姿勢が悪いと肩こりや腰痛など色んな症状が出てしまいます。

1187361


『中心軸』を意識して姿勢が良くなると背筋がのびるので当然人は健康になります。

又姿勢が良くなれば美しく、若々しく見えますので精神的にもお得しかないかと(笑)。

しかも無駄な力が抜けますので体が楽ちんな事、この上なくなる訳です。



6、人格と中心軸

ここからは、人から聴いたお話です。

『中心軸』を強く意識している方には、人間的にも尊敬できるような方が多いそうです。


これは、「自分の力だけでなんとかしよう!」っていう気が少なくなるからとか。


確かにご紹介したような『中心軸』の意識で体を動かす方法は、

全て自分の力だけでなくバランスやら重力やらを生かすやり方ばかりです。


こういう体の使い方を心掛けていると自然に「俺が、俺が!」っていう気持ちにはなりにくいんでしょうね。 

それと、ある種のカリスマ性を感じさせる雰囲気があるとか。

これはさきほど書きましたが、ちょっと瞑想してるような精神状態になって動じなくなることと関係してるのかも知れません。

(すみません!僕もまだ修行中ですのでここはあくまで想像です!😅)





【まとめ】

今回は『人生変えちゃうかもしれない『中心軸』の意識・・・というお話』でした。

いやぁ、この記事を書いてる途中、特に『中心軸』を活用した達人たちの画像を探している時、何度かとても良い気分を味わえました😊✨。

やはり『中心軸』を使った美しい動きをしている方の画像を見ていると、こちらまで良い気分になるのだなぁと実感しました。

ある意味芸術鑑賞ですね、こりゃ(笑)。

『中心軸』の意識の応用はここにご紹介したものだけでなく、まだまだ無数にあります。

そして使えば使うほど意識が強くなりますので、ぜひどんどん生かして頂きたいなぁと思います。


僕の場合マッサージや整体をしている時に『中心軸』を意識してするようにしてますが、やはり患者さんもその方が気持ち良いとか治りが早いと言って下さいます。


・・・などと偉そうに書いてきましたが、僕自身もまだまだ未熟で、日々『中心軸』を常に意識できるよう精進してる毎日です😅。


もし宜しかったらご参考に。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。







宜しかったらクリックお願いいたします。(励みになりますので。)

コメントもおまちしています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


整体ランキング




よければ読者登録もお願いします。


介護をしているあなただけ読んで欲しい整体ブログ - にほんブログ村












ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:今日の健康・医療情報
ブロトピ:☆ブログの最新記事を紹介しよう☆
ブロトピ:ブログ記事更新しました!(๑˃̵ᴗ˂̵)
ブロトピ:ブログを更新しました! ブロトピ:進捗報告 ブロトピ:今日の芸術・人文情報 ブロトピ:更新しました!